■■■ 私の時間 ■■■ほとんど読書日記

| カレンダー | 今 読んでるのは | 新着記事 | COMMENT | TRACKBACK | 分類 | 過去ログ | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「時をかけた少女たち」 かやまゆみ 21:25
時をかけた少女たち(平安〜鎌倉編)
時をかけた少女たち(平安〜鎌倉編)
「なんて素敵にジャパネスク」や「日いずる処の天子」が好きで、こんなシリーズのコミックがあったらいいな・・・・なんて気にかけていたら見つけました。

平安〜鎌倉時代のロマンス。歴史コミックという分類になるのかな?
1巻に読みきりで5話入っていました。
源義高と大姫
巴御前と義仲
静御前と義経
実朝とその妻
新田義貞と勾当内侍

教科書や大河ドラマで聞き覚えのある人物が登場してきますが、それらは恋愛をテーマにした形ではないので、この目線がとても新鮮でした。

女は政治の道具として扱われていた時代。
今のように好きだからとかそれだけで結ばれることはないのですが、そんな時代でも こんな恋愛があったのかと思わせます。
ただ、悲恋が多いのが・・・・
勝手にハッピーエンドに書き換えるわけにはいかないので 当たり前のことなんですが。(笑)
違う時代に生きていたなら、もっと幸せになれたんだろうに・・・。

絵柄が女性向けなので、中高生からの女子が読むと 歴史の教科書もまた違って見えてくるかも。
中学生の息子が読んでもいいかな・・・・なんて思ってます。(笑)

時代背景もその生き様をあらわすには不可欠なので、日本史の裏舞台を覗く感じで読めそうです。

シリーズとして他の時代もあるとのこと。
これから 揃えて行く予定です。


新しい本との出会いがある【ダ・ヴィンチ】
| コミック 時代物 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 茶味
スポンサーサイト 21:25
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bench.jugem.cc/trackback/130
<< NEW | TOP | OLD>>