■■■ 私の時間 ■■■ほとんど読書日記

| カレンダー | 今 読んでるのは | 新着記事 | COMMENT | TRACKBACK | 分類 | 過去ログ | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウン 22:59
ダ・ヴィンチ・コード(上)ダ・ヴィンチ・コード(下)
「ダ・ヴィンチ・コード」
久しぶりに夢中になって読んだ本です。
話題になっていたので気にはなっていたのですが、まさか これほど面白いとは思っていなくて・・・。
なぜ もっと早くに読まなかったのかと悔しいくらい。(笑)

まず 「事実に基づく」なんて前置きにニヤリとさせられます。
出てくる人名も、美術史に疎い私でも知っているような有名人たち。
私の場合、暗号よりも「黄金比」に魅了されました。
もっと知りたいと、この目で確かめたいという欲求にかられました。

教科書に出てくるような人たちに、そんな謎めいたところがあったなんて・・・。
この本に関連した本もいくつか出ているようなので、近いうちに読んでみたいな。
映画にもなるというし、それも楽しみ。

読んでおしまいという本ではなく、読んだことによってさらに好奇心がかきたてられる本。
小川洋子さんの「博士の愛した数式」の時も こんな読後でした。
| 読書 (海外) | comments(4) | trackbacks(4) | posted by 茶味
スポンサーサイト 22:59
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








こんばんは。
これはわたしも一気に読みました。
絵画のことなんで敷居が高かったのですが、
関係なく読めますよね。
その後続けて「デセプション・ポイント」も読みました。
最後は賛否両論ですが、出だしはワクワクしました。
是非読んでみてください。
映画もホント楽しみですね。
posted by annin | 2005/12/06 10:31 PM |
こんにちは。
メッセージありがとうございます。

ほんとに この本は予想以上に面白かったです。
デセプション・ポイント・・・私も また読んでみますね!!
映画・・・どんな風になるのかな。
ハリーポッターより 少し 大人の味付けを期待してます。
posted by charmi@管理人 | 2005/12/08 11:45 AM |
はじめまして。
ミポちゃんからの紹介で来ました。
『ダヴィンチ・コード』と『博士の愛した数式』は両方ともとっても読みたい本です。
来年になると思うけれど感想を伝えに来ますね。
posted by わいるどろーず | 2005/12/16 1:35 AM |
わいるどろーずさん はじめまして♪
ようこそいらっしゃいました〜。

その 2作は、ほんとに読み始めたら止まらないんですよ。
時間にゆとりのある時に 覚悟して読んで下さいね。(笑)

ミポちゃんとは 近いのに なかなか会えないの。
よろしく伝えてね。(#^.^#)
posted by charmi@管理人 | 2005/12/18 7:50 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bench.jugem.cc/trackback/136
 先週の日曜日に買った「ダ・ヴィンチ・コード」の愛蔵版を読み終えた。 「ダ・ヴィンチ・コード」は1年半ぐらい前に出版され、ずいぶん話題になった。 すでに全米で1,000万部超え、日本でも100万部超えと、売れに売れている。それに便乗して関連本が何冊も出たし
| MONKWELL MANOR GUEST HOUSE | 2005/12/08 11:04 PM |
『ダ・ヴィンチ・コード 愛蔵版』ですっかりダン・ブラウン氏にはまってしまった僕ですが、映画の最新情報を、以下にご紹介します。(愛蔵版のレビューはこちら)☆「ダ・ヴィンチ・コード」の60秒スペシャルCMが、元旦限定オンエアで以下の番組中に放映される模様で
| MONKWELL MANOR GUEST HOUSE | 2005/12/27 9:31 AM |
「ダ・ヴィンチ・コード」を読む。 われながら、ミーハーぶりにびっくり!後輩に借りて読む。 読みながら、途中はいまいちだった。なぜなら、時間経過が良くわからない!外国の景色が思い浮かばない!宗教観がもともと欠落している!とボロカスだった。 しかし
| カゼトヒナ | 2006/06/01 1:31 AM |
「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。 キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に
| 文学な?ブログ | 2006/07/01 3:36 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>