■■■ 私の時間 ■■■ほとんど読書日記

| カレンダー | 今 読んでるのは | 新着記事 | COMMENT | TRACKBACK | 分類 | 過去ログ | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
時をかけた少女たち 戦国(室町)編  かやまゆみ 10:18
時をかけた少女たち(戦国(室町)編)
前に平安〜鎌倉編を読んで、このシリーズを揃えようと思いました。
教科書に出てくる武将達のロマンスは、武将たちの意外な一面が見えたりして興味深かったです。

今回の戦国編には
・若き日の信玄の愛
・光秀の花嫁
・信長と濃姫
・秀吉の恋人
・信長の妹
が収められています。

人質のような結婚、密使として送り込まれたような結婚・・・
今の時代には考えられない結婚の形。
姫と呼ばれる女性たちは どこの国でも国勢に振り回されるものなのかな。
童話に出てくるお姫様とは全然違う。

ある時は悪者扱いであった武将も 見る方向を変えれば正義の人であったりして、教科書では知りえない一面があるのが魅力です。
戦国時代と言えば まさに 戦いの連続。
今の時代なら ごく普通の恋愛になっているようなことでも、命がけ。
命がけの恋愛は、ドラマとしては心を揺すられるけれど、わが身に置き換えてみれば 平穏な時代に生まれてきてよかったと思えます。
| コミック 時代物 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 茶味
スポンサーサイト 10:18
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bench.jugem.cc/trackback/143
<< NEW | TOP | OLD>>