■■■ 私の時間 ■■■ほとんど読書日記

| カレンダー | 今 読んでるのは | 新着記事 | COMMENT | TRACKBACK | 分類 | 過去ログ | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
教育貧民 -畠中 雅子- 08:01

教育貧民 減収増税時代でも減らない「教育費」事情

「教育貧民」・・・・まさに我が家のことかと思いました。(汗
子供達の教育熱は、減収増税という厳しい世の中の中でも 冷めにくい分野だと思います。
幼児教育〜学校卒業までにかかる費用を計算すると、気が遠くなります。
子どもには できるだけのことをしてあげたいと思う親心。
でも、自分達の老後は大丈夫なのか・・・。
子供達が成長したあとに、子どもに覆いかぶさるような老後を迎えるのは嫌。
親も子も自立するには、親は親で自分のこともしっかり考えないといけないと思います。

子どもが生まれてから 一人立ちするまでの、いつが貯め時なのか。
教育費は家計のどのくらいに抑えるべきか。
学資保険・子ども保健などについても触れられています。

そして、今、社会問題ともなっているニート。
あの福沢諭吉が 学問のすすめでも言い切っているのは
「一人立ちできない人間は、いくら知識があっても 社会にとっては「ごくつぶし」でしかない。」
という言葉。
この本では、子どもをニートにしないようにするための 親の心構えも書かれていました。
耳に痛い話もチラホラと。。。。
我が家は 割と厳しい方かな・・・なんて思っていたのに、最初の親の診断(?)によると、上から二つ目に属していました。
もう一息 厳しさが足りなかったようです。

厳しい時代だからこそ、見直しが必要なんでしょうね。
そのための 家計診断もついています。
| 育児・教育関係の本 | comments(0) | trackbacks(5) | posted by 茶味
スポンサーサイト 08:01
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bench.jugem.cc/trackback/238
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/28 12:57 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/11 5:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/13 1:48 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/05 9:42 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/08 12:25 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>