■■■ 私の時間 ■■■ほとんど読書日記

| カレンダー | 今 読んでるのは | 新着記事 | COMMENT | TRACKBACK | 分類 | 過去ログ | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
名探偵の掟 -東野 圭吾- 16:13
名探偵の掟
名探偵の掟
東野 圭吾

これは 変わった視点から書かれた短編集です。
パロディというか 風刺というか、東野さんもたくさん書かれているミステリーを 突込みを入れながら書いたような作品です。
ミステリーを何冊も読んでいる人には 誰をもじっているのか察せられ、
「え・・いいのかな? こんなこと書いちゃって・・・」
なんて 思いながらも クスっと笑えます。

この作品がデビュー作だったら、前に読んだ「推理小説」の時のように ちょっと嫌な感じを受けたかもしれないけれど、いくつもの面白いミステリーを書いている人なので、
「いつも 自分の作品にも突っ込みを入れながら書いてるのかな?」
と、想像してしまいました。

確かに ミステリーには 定石というか、密室とかアリバイ崩しとかトリックとか、名探偵の近辺にはとぼけ役の刑事がつき物だったり というパターンがあります。
読むほうも、それが分かっていて、そこを楽しむ部分もあるし、
「たまには違うパターンにして欲しいな。」
と思うこともあります。
ミステリー作家の本音がチラリと覗けるような、そんな言葉もアチコチに見られ、楽しく読めました。

でも私は 東野さんの長編小説の方が好きかな。
| 読書 (日本) | comments(0) | trackbacks(2) | posted by 茶味
スポンサーサイト 16:13
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bench.jugem.cc/trackback/245
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/14 7:10 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/13 7:58 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>