■■■ 私の時間 ■■■ほとんど読書日記

| カレンダー | 今 読んでるのは | 新着記事 | COMMENT | TRACKBACK | 分類 | 過去ログ | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
すべての雲は銀の・・・ -村山 由佳- 09:40
すべての雲は銀の…〈下〉
すべての雲は銀の…〈下〉
村山 由佳

死別と生き別れ・・・どちらが辛いんだろう。
主人公の祐介は、手痛い失恋をした。
彼女の新しい彼は、寄りにもよって自分の兄。
いたたまれない状況を見かねた友人タカハシの勧めで 信州のペンションに住み込みで働くことになった。
そこで出会った人たちとの関わりと、疲れ切るまで働くことで、思い悩む気持ちが少しずつ薄らいでいく。
でも、忘れたわけじゃない。 回数は減ったとは言え、思い出せば辛い。

ペンションに集う人達も、それぞれに抱え込んだものがあり、それが その人の人となりを形成している。
あぁ・・・人間って こうなんだよね。
そう、素直に受け止められる話でした。

取り立てて刺激的な事もなく、普通の日常を書いてあるのに、なぜか退屈しない。
出てくる人が みんな優しいからかな。
| 読書 (日本) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 茶味
スポンサーサイト 09:40
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bench.jugem.cc/trackback/250
<< NEW | TOP | OLD>>