■■■ 私の時間 ■■■ほとんど読書日記

| カレンダー | 今 読んでるのは | 新着記事 | COMMENT | TRACKBACK | 分類 | 過去ログ | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
いやでも楽しめる算数 -清水 義範- 19:11
いやでも楽しめる算数
いやでも楽しめる算数
清水 義範, 西原 理恵子

清水さんの学校の勉強シリーズ(?)の中の一冊です。
他にも 国語や社会、理科などもでていて、その内の数冊は読んだのですが、この算数が私の中では一番面白かったです。

決して参考書ではありません。
そして数学ではなく、あくまでも算数に関わるエッセイです。

円の面積の求め方は 義務教育を受けた人なら必ず知ってるはず。
半径×半径×3.14(円周率)
さて、では なぜ半径×半径×円周率なんでしょう。。。

本の中で「小学校でちゃんとその理由も習っているはずのことだ。」と書いてありました。
( ̄ω ̄;)!! そうだったの??? ←完全に忘れてる人

で、子供に聞いてみました。
「何であの公式になったか知ってる?」
すると 中学生の息子は 
「あったりまえじゃん。 〜〜だからだよ。」と。
現役の小学生の娘は
「は? 知らない。」

・・・・(ノ_-;)ハア…・・・ どうやら 娘は私に似てるらしい・・・

習ったかどうだかさえ覚えていない初歩的な公式の成り立ちを、面白おかしく説明してあって、笑いながらも へ〜そうなんだ〜! と感動できました。

決して難しい数式とかでてきません。 でも 算数アレルギーの人なら 蕁麻疹がでるかも。
けど、作者は「そういう人は 読み飛ばしてください。」と言い切ってます。
単に 数学の面白さ、面倒くささをエッセイにしてあるだけなので・・という趣旨のようです。

鶴亀算についても
「そんなもの 鶴が何羽、亀が何匹か数えた方が早いじゃないか。」
みたいなことや、
「A君は 分速○メートルで出発し、10分後にB君が分速△メートルで追いかけた場合、どの地点で追いつくか。」
なんて問題にも、
「そんなこと 知りたいのか?」
って、ほんと 算数のキライなひとの気持ちが良く分かってるコメントが満載で、共感を覚えながらも算数雑学に触れる事ができました。

数学が割りと好きな息子に、今度 読んでみるように薦めたいと思ってます。
| 読書 (日本) | comments(2) | trackbacks(7) | posted by 茶味
スポンサーサイト 19:11
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








私、数学は大嫌い!そろばんを習っていたから、計算は好き。で、商業高校に迷わず進学。私もなんで、数学習わなきゃならない!と言いたくなります。でも、読んでみるのいいかもねえ。ちなみにうちも、長男は数学が得意です。
posted by まいちゃん | 2006/09/30 9:43 AM |
私も 数学は苦手だったなぁ。
中学までは好きだったんだけどね、高校数学で挫折。
もう 手も足も出なかった。(笑)
でも 数理パズルは今でも大好きなの。

この本は痛快だったよ〜。
息子も 時々吹き出しながら読んでた。
posted by 茶味 | 2006/10/01 8:42 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bench.jugem.cc/trackback/261
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/08 11:50 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/18 8:24 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/11/21 12:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/11/22 12:08 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/11/22 1:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/11/23 3:40 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/11/23 5:31 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>