■■■ 私の時間 ■■■ほとんど読書日記

| カレンダー | 今 読んでるのは | 新着記事 | COMMENT | TRACKBACK | 分類 | 過去ログ | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
きみに読む物語 -映画- 13:35
前評判がとても高かったこの映画、やっと見れました。
各地の映画館でも、上映期間を延長したりしてますね。

本当は本を読んでからの方がいいのかな・・・なんて思っていたけど、出てくる景色のすばらしさを思うと、映画を見てから本を読んで思い起こすのも趣が深いかも。

昨年から純愛物がたくさん出ていて、内心「またか・・・」という気持ちも無くはなかったけれど、これはすばらしい映画でした。
純愛物といっても 若いカップルではなく、老いた夫婦の物語。
アルツハイマーになってしまった妻を病身の身で支える夫の深い愛情に感動しました。
単に身の回りの世話をする苦労話ではなく、何もかも忘れてしまった妻に、出会ってから結ばれるまでの話を ”読み聞かせ”と言う形で語り続けます。
いかに愛し合っていたか、どれだけ幸せだったか・・・・。
妻は「その話 前にも聞いたような気がするわ。」と言います。
でも それが自分達夫婦のことであるとは思い出せない。
こんな悲しいことが現実に起こってしまう病気なんですね。
最後の最後まで、ひたすら愛し通した夫。
時折 ふと妻の記憶が甦り、夫の顔に嬉しそうな笑みが浮かぶのに、数分で全てを忘れてしまうのが悲しい。

どんな夫婦にも、ときめいて、輝いていた時代があったんだな・・・。
普段の生活では そんなこと忘れてしまってるけれど、この映画を見ると、夫婦であることの一番大切なことを思い起こさせてくれます。

この映画は、若い人より、「もう若くないな」と思い始めた人達が見たほうが感慨深いかも。

若い頃のノア役の俳優さん、最初は「甘ったれた顔してるなぁ」なんて思ったけど、見てるうちにだんだん惚れ込んじゃいました。(*^^*ゞ
アニーの方は、大金持ちのお嬢様という設定の割には・・・「おてんば」と言うより「はすっぱ」な感じがしたのが少し残念。

韓国映画の「クラシック 〜ラブストーリー」も、お金持ちのお嬢さんと、お金持ちじゃない田舎の青年の恋。
こちらは 最期まで想い合いながらも結ばれなかったので、今回の「きみに読む物語」は やきもきしながらも結ばれて(夫婦がテーマなんだから当たり前なんだけど)、そういった意味でも胸をなでおろしました。

まぁ 日本の男の人は、釣った魚には餌はやらないタイプが多いので、奥さんに「愛してる。」なんて言わないみたいだけど、その点 外国の男性はちゃんと伝えるのが羨ましかったりもしますね。
実際にそんなこと面と向かって言われたら
「何言ってんのーー??(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!」
というリアクションしかできないだろう私も日本の女ですが。(笑)
| 映画・ドラマ | comments(2) | trackbacks(6) | posted by 茶味
スポンサーサイト 13:35
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








確かに男としては見習わなければいけないですねぇ(^−^;;
posted by とりうち | 2005/03/18 10:58 PM |
とりうちさん はじめまして。
メッセージとTB、ありがとうございました。

見習って欲しいと願いながらも、実際そうなると照れちゃいそうな日本の女の人も多いですよね。(笑)
お互い様ってところかも・・・。(*^^*ゞ

posted by charmi@管理人 | 2005/03/20 12:05 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bench.jugem.cc/trackback/64
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるもの
| 京の昼寝〜♪ | 2005/03/15 11:28 PM |
3月1日映画の日、2本目。 予定外なんだけど、チネチッタに移動。 映画館のはしご、しちゃいました。 さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。 この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・てな感じ。 2004年製作のラブ・ストーリー、123分も
| ひらりん的映画ブログ | 2005/03/16 10:22 PM |
岡山でも最新で、全国的にもけっこう最新映画の話し、全国的に明日あたりが最終日かな?(^−^;; 話しは養護老人ホームの老女に、老人が持ってきた物語を読み聞かせるところから始まる。 その物語は1940年の夏、南部の裕福な家で育ったアリーはノースカロラ
| 鳥打さん家の美味しい日記 | 2005/03/18 10:59 PM |
★本日の金言豆★昔の観覧車は座席むき出し 今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでしょうね〜。私よう乗りませんわあんなの。Σ(T□T) 浅草花やしきのジェットコースターを彷
| 金言豆のブログ | 2005/04/22 10:55 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/06 10:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/05 12:00 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>