■■■ 私の時間 ■■■ほとんど読書日記

| カレンダー | 今 読んでるのは | 新着記事 | COMMENT | TRACKBACK | 分類 | 過去ログ | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
僕の行く道 -新堂冬樹- 23:07
僕の行く道
僕の行く道

小学3年生の男の子は、毎週土曜日に届く母からの手紙を楽しみにしている。
母は、フランスにデザインの勉強に行っていると聞かされて育ってきたのだが、ある日、父の部屋で矛盾に気づいた。
フランスにいるはずの母は、実は小豆島にいるのではないか。
いや、いるに違いない。
父や母にウソをつかれた悲しみよりも、母に会いたい一心で一人で小豆島まで行くことを決心した。
兄貴的存在の男の子の力を借りて、片道分程度のお金を持って旅立つのだが・・・・。
新幹線の中で出会ったお姉さん、間違えて降りてしまった駅で出会った女の子、台風の港で出会った老人。
少年は、心温かい人たちに出会いながら、無事 小豆島にたどり着いた。
でも・・・・母は・・・
若年性アルツハイマーで、何も覚えていなかった。
「子供のことを覚えているうちに姿を消したい。」と、小豆島の療養所に入っていたのだった。
真実を知った少年・・・
でも 奇蹟が起こった。
覚えてはいないはずのこと、1週間前に手紙で書いたある言葉を母が呟いたのだった。

少年を傷つけないためについた大人たちの嘘、純粋な少年の心に触れて、悲しみから立ち上がった出会った人達。
誰もがみな優しくて、温かい。

とても易しい文章で、高学年の子供なら読めそうですが、大人が読んでも感動できるしっかりとした作品です。

「僕の行く道」「きみに読む物語」「半落ち」
たまたま見たり読んだりしたものに同じアルツハイマーという病気がでてきました。
私が思っていたほど他人事ではないのかもしれません・・・。
| 読書 (日本) | comments(7) | trackbacks(3) | posted by 茶味
スポンサーサイト 23:07
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








こんにちは!
とてもいいお話の本のようですね。
新堂冬樹さんの作品は読んだことがないのですが、
是非読んでみたいと思います。
posted by ひな | 2005/03/22 3:36 PM |
ひなさん こんにちは!
出てくる少年が本当にかわいらしくて、母性本能がキュンキュンします。(笑)
素直で前向きで、映画になっても素敵だろうな・・なんて思いながら読んでました。
機会があれば 是非♪
posted by charmi@管理人 | 2005/03/23 7:34 AM |
はじめまして。

私もこの本を読みました。
で、きれいにやられてしまいました。
オッサンにも強烈な一撃でした。

お邪魔しました。
posted by さんや | 2005/04/03 1:13 AM |
このはなしをよんで、たいしはすごいなーっておもった。わたしにはとてもできない・・。とにかくすごいとおもった!!!へへっ!                    じゃあこのへんでさようなら・・・・。
posted by さやか!! | 2005/07/03 7:01 PM |
>さんやさん
ごめんなさい。 メッセージに気づいていませんでした。
失礼なことをしてしまって 申し訳ないです。

>さやかさん
こんにちは。 この本は 幅広い年齢層で読まれていますね。 

一人で行ったことのない所へ行くのって、勇気がいるから私が子供だったら・・・やっぱりできないかもって思います。
posted by charmi@管理人 | 2005/07/04 12:12 PM |
ウルウルでした。
同年代の男の子を育てているのでさらにです。
posted by あきお | 2005/11/09 3:04 PM |
>あきおさん

同年代の男の子・・・・そりゃ たまりませんね。。。
息子さんの姿とだぶって見えちゃうんだもん。
ほんと 健気な努力にキュンキュンしました。
posted by charmi@管理人 | 2005/11/10 10:38 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bench.jugem.cc/trackback/70
 僕の行く道 / 新藤 冬樹 (双葉社) 僕の行く道新堂 冬樹双葉社 2005-02-09by G-Tools  出版社のHPの紹介文から  「愛は奇跡をおこす・・・」全264ページ。そこにあるのはただ、親子の愛と信頼の物語。静かな感動があなたを包む、感涙のハートフルスト
| Sanya's Note | 2005/04/03 1:15 AM |
僕の行く道新堂 冬樹 双葉社 2005-02-09by G-Tools ネタバレあり! 主人公・大志は小学校三年生。父親と二人暮し。母親はファッションデザイナーで、パリに単身赴任中で、大志は2歳のときから一度も母親に会っていません。毎週土曜日に届く、母親からの手紙を楽し
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/10/16 10:42 PM |
ひとり旅の途中、大志はいろいろな人と出会います。 どの人も優しく接してくれて、その中で成長していくことができる大志はやがて……。 よくある話なのかもしれません、それでも涙なくしては読了できない一冊でした。
| のりぞーちゃんのブックレビュー | 2006/12/11 4:19 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>